[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

デザインは、見た目を整えるだけではなく、閲覧者に向けたメッセージを明確にするために行う。

デザインする目的

デザインの基礎、基本

情報の整理

ユーザーに伝えたい情報を整理し、優先順位をつけ、視覚的に情報を伝える。

美的に視覚的に訴える。

人目に引くように美的に構成し、視覚的にユーザーに訴える。

そのためには、情報を整理し、近接などのデザインの原則を用いる必要がある。

デザインの四原則
  • 近接
  • 整列
  • 反復
  • コントラスト

設定したゴールに導く。




デザインして、最終的に何をゴールにするかを設定し、そのゴールを達成させるためのデザインを行う。

ゴールの例
  • ブランドの認知度を上げる。
  • Webサイトを通して、ユーザーに商品を購入して貰う。
  • ユーザー登録して貰う。

「誰に」「どのように」見せるか?

ターゲット層による見せ方の違い。

高齢者に見せるデザインと若い女性では、デザインの見せ方が異なります。

ターゲット層に合わせた要素をそれぞれ選定し、デザインすれば、結果的に統一感あるイメージに纏めることができる。

ターゲット層の主な分類

デザインの基礎、基本 ターゲット層の主な分類

性別・年齢による分類

最も一般的な分類方法。

この分類を第1段階とし、さらに、「社会的背景による分類」「嗜好による分類」を組み合わせると、より明確なターゲット層をイメージしやすくなる。

職業など社会的背景による分類

未婚か既婚か、学生か社会人か、都市在住かなど社会的背景によっても、そのターゲットへ向けての表現方法は、異なってくる。




ターゲット層が普段どのような生活を送っているかをイメージすることも、デザインの手がかりとなる。

嗜好による分類

それぞれの「人の好み」によって、ターゲット層を分類する方法。

例えば、読書などが好きなインドア派と自然が好きなアウトドア派、クラシックや美術が好きなターゲット層とポップアートやテクノが好きなターゲット層とでは、自ずと、そのターゲット層が好むデザインも異なってきます。

情報を伝えたいターゲット層をよくイメージし、そのターゲット層に惹きつけるデザインを心掛けるべきである。

体験をデザインする。

Webサイトやアプリのデザインをする上では、見せるだけではなく、ユーザーに「よりよく使って貰える。」ことをデザインする事も心懸けるべきである。

Webサイトの特徴

Webサイトは、ユーザー側がクリックやスワイプなどの操作が必要とされる。

Webサイトを通して、双方向のやり取りが生じ、ユーザー側から見ると、一種の体験となることを考慮しておく。

したがって、使いづらいサイトは、ユーザーをイライラさせ、ストレスを生む。
ひいては、そのWebサイトのブランド価値が減少してしまうことを、頭の中に入れておく必要がある。




そのためには、使いやすいサイトをデザインするというUXデザイン、UIデザインの視点が必要になってくる。

 

【参考書籍】

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

(Visited 10 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください