[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

ここでは、文章の内容を印象的に見せる、文字サイズ、余白を利用した文字レイアウトの方法を説明します。

ジャンプ率に気を配る

ジャンプ率とは?

同じ領域にレイアウト配置されている文字や画像などのサイズ差。

ジャンプ率を高めたレイアウト

ジャンプ率を高めたレイアウト




迫力ある力強い印象を与える。

ジャンプ率の低いレイアウト

ジャンプ率の低いレイアウト

穏やかで落ち着いた雰囲気の印象を与える。

日本語の特性を活かした文字レイアウト

サイズを変えて特定の文字を強調する

キャッチコピーや見出しなどで効果的なレイアウト

日本語は、単語と助詞で構成されており、単語と助詞の文字サイズを変更し、単語をより大きい文字サイズで構成すると、単語を強くアピールできる。

サイズを変えて特定の文字を強調する

値段や順位、日付など数字を含むレイアウト

サイズを変えて数字を強調する




数字を大きい文字サイズにすると、値段や順位を強調できる。

日付の場合、年月日の文字を小さくしたり、細いウエイトに変更し構成すると、日付を強調して見せることができる。

個別に字間を調整する

字間の調整

、。などの句読点や記号も日本語フォントでは、他の漢字などと同様、同じ正方形のスペースを形成するため、句読点や記号の前後に不自然な空きが空いてしまう。

それらを避けるために、適度に字間を調整する。

余白を活かす

段落と段落の間を詰めてレイアウトすると、非常に文章が読みづらくなってしまう。
段落と段落の間に適度に余白を加えることにより、まとまりとして伝え、読みやすくなり、情報を伝えやすくできる。




余白を利用する

参考書籍

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

 

(Visited 49 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください