[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

「ユーザー定義スライス」でのスライス方法

1.[スライスツール]を選択。

スライス選択ツール

2.[スライスツール]でスライスする画像をドラッグして囲み、スライスを作成する。

 

「ユーザー定義スライス」によるスライスの作成方法

スライスについているハンドルをドラッグすることで、サイズや位置を調整することができる。

3.作成したスライスを[スライス選択ツール]でダブルクリックすると、[スライスオプション]ダイアログボックスが開く。

[スライスオプション]ダイアログボックス

4.【名前】を付けて保存。

 

「ユーザー定義スライス」の[スライスオプション]ダイアログボックスでは、サイズや位置を編集することができる。

 

その他の方法

ガイドに沿ったスライス方法

[スライスツール]を選択し、ツールオプションバーで[ガイドに沿ったスライス]のボタンをクリックすると、ガイドに沿ったスライスが自動で作成される。

ガイドに沿ったスライス作成方法

[スライスツール]で作ったスライスは削除されるので注意が必要である。

 

 

(Visited 25 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

Pages ( 2 of 2 ): « Previous1 2

「スライス機能を使った書き出しの2種類のスライスの作成方法」への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。