[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

デザインは、「要素を揃える」ことから始まる。

「揃える」ことで要素に秩序を与え、整った状態を生み出します。

規則性のある状態は、人の目を留め、その整った構図は「安心」「安定」を感じさせることができる。




規則性を与えて整った美しさを生み出す

整ったものが与える安定感が美を生み出す

ランダムなものよりも、水平や垂直など一定の規則で揃えた構図の方が整えられて安定した印象を与える。

さらに、規則性を強調することで、より整った印象を与え、見る人に美しいと感じさせます。

デザインの第一歩は、不規則なものに、一定の法則で規則性を与え、秩序を持たせることです。

直線の美しさ

直線は、安定して整った印象を与える。




人は、整ったものを美しいと感じる。

要素を揃える

サイズも位置もランダムな要素を、位置を揃え、同じサイズに調整し、等間隔に配置することにより、規則性を感じさせる構成にする。

そうすることにより、整った美しさを出すことができる。

規則性を取り入れたレイアウト

規則性を強調した構成にするためには

位置を揃える、要素同士を均等な間隔で配置する、サイズだけでなく色も一定の割合で段階的に変化させるなど、一つの構図の中で複数の秩序を取り入れると、規則性を強調して整った印象を強めることができる。

シンメトリーに配置する




シンメトリー構図

シンメトリーの構図は、普遍的な安定感を生み、見る人に整った美しさを感じさせる、レイアウトのベーシックなセオリーの一つである。

<参考図書>

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

(Visited 20 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください