[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

visibility プロパティ

ボックスを透明にするプロパティ。

 適用要素  全ての要素
値の継承
初期値 visible
指定可能な値 visible : ボックスを見える状態にする。
hidden : ボックスを透明にする。
inherit : 親要素と同じ値。

float プロパティ

ボックスを右もしくは左に寄せて配置し、後続の要素を、その逆側に回り込ませるプロパティである。

適用要素 全ての要素。
値の継承 ×
初期値 none
指定可能な値 left : ボックスを左に寄せ、後続の要素を右側に回り込ませる。
right : ボックスを右に寄せ、後続の要素を左側に回り込ませる。
none : 通常の配置にする。
inherit : 親要素と同じ値にする。

clear プロパティ

float プロパティで右もしくは左に寄せて配置されたボックスへの回り込みを解除する。

適用要素 ブロックレベル要素
値の継承 ×
初期値 none
指定可能な値 none : 回り込みを解除しない。
left : [float: left;] を指定されている要素の回り込みを解除する。
right : [float: right;] が指定されている要素の回り込みを解除する。
both : [float: right;]、[float: left;] が指定されている要素の回り込みを解除する。
inherit : 親要素と同じ値にする。

overflow プロパティ

要素内容がボックスに収まりきれない場合、はみ出る部分の処理を指定するプロパティである。

適用要素 ブロックレベル要素(置換要素を除く)、inline-block 要素、th 要素、td 要素
値の継承 ×
初期値 visible
指定可能な値 visible : 表示させる。
hidden : はみ出る部分は、表示しない。
scroll : スクロールして、内容を表示させる。
auto : 必要に応じて、スクロールさせる。
inherit : 親要素と同じ挙動にする。

position プロパティ

ボックスの配置モードを設定する。

配置位置は、プロパティ、top, bottom, left, right で指定する。

適用要素 全ての要素
値の継承 ×
初期値 static
指定可能な値 static : 通常の配置。
relative : 相対配置。
absolute : 絶対配置。

position プロパティの値として、[relative][absolute][fixed]のいずれかが指定されている最も近い階層のボックス(なければ、html 要素)が、基準ボックスとなる。

絶対配置されたボックスは、別レイヤーとして表示される。

fixed : 固定配置。

位置を指定する基準が、ウインドウ表示領域全体となり、ボックスは、スクロールされても、位置が固定される。

inherit : 親要素と同じ値。

z-index プロパティ

ボックスの重なり順序を指定する。

適用要素 相対配置、絶対配置、固定配置されている要素。
値の継承 ×
初期値 auto
指定可能な値 auto : 親ボックスと同じ階層となる。
整数 : 重なり順序を単位を付けずに、整数で指定。
値が大きいほど、上に表示される。
負の値を指定することも可能。
inherit : 親要素と同じ値。

 

 

オススメ書籍

 

[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す