絶対パスと相対パス

絶対パスと相対パス
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

 

パス

ファイルを置いている場所。

パスの指定方法には、絶対パスと相対パスがある。

絶対パス

http:// から始まるサイトのアドレス(URL)を使い、ファイルの場所を指定する方法。

外部サイトにリンクする場合には、絶対パスで指定する。

例)

<a href=”http://○○.com”>○○.comへ。</a>

絶対パス

絶対パスで表わすと、

<img src=”htttp://○○.com/img/○○.jpg” alt=”” >

通常、この場合、相対パスで表わす。

<img src=”img/○○.jpg” alt=”” >

相対パス

現在地を基準にした相対的な指定ファイルの場所の指定方法。

ページ内リンクをする場合などで用いる。

外部サイトを相対パスで記述することはできない。

ポイント

自分が今、記述しているファイルの現在地を把握すること。

相対パスの記述法

同じフォルダ内

相対パス:同じフォルダ内

パスにはファイル名を記述する。

<a href=”○○.html”>ページ○○へ</a>

<img src=”○○.jpg” alt=””>

下層のフォルダにファイルが存在する場合

相対パス:下層のフォルダにファイルが存在する場合

 

フォルダ名/ファイル名と記述する。

<a href=”folderB/○○.html”>○○ページへ</a>

<img src=”folderB/folderC/○○.jpg” alt=””>

上の階層のフォルダにファイルが存在する場合

相対パス:上の階層のフォルダにファイルが存在する場合

フォルダを上がる分、[../]に続けてファイル名を記述する。

[../] 1つ上の階層を指定。

[../../] 2つ上の階層を指定。

<a href=”../../○○.html”>○○ページへ</a>

<img src=”../○○.jpg” alt=”” >

異なるフォルダにファイルが存在する場合

 

相対パス:異なるフォルダにファイルが存在する場合

 

一度、上のフォルダに上がってから、ファイルの存在する下がる。

<img src=”../folderC/○○.jpg” alt=”” >

 

【参照】

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

コメントを残す