[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

関連した要素をグルーピングし、そのまとまりを見せ、それ以外の異なる要素を差別化して見せるという事は、レイアウトを考える上で重要なポイントとなる。

法則をもってグルーピングし、法則に反することで差別化する

一定の規則で構成された要素は、関連ある一つのグループとして見る人に受け止められます。




要素の差別化規則に沿って配置された中にあって、規則を逸脱したものがあると、その要素は差別化される。

配置の規則をコントロールすることで、要素同士を関連付けて見せたり、差別化して見せることができる。

さまざまなグルーピングとその差別化

要素を近づけてグルーピングする

要素の位置により、グループの見せ方をコントロールできる。

・要素同士を近づけて配置すると、その要素らは、関連性のあるグループとして捉えられる。

・要素間の空間を空けると、要素同士は関連性の薄いものとして捉えられる。

サイズの違いで差別化する




要素のサイズを変えることでも、特定の要素を差別化できる。

ある要素のサイズを大きくすると、強調され、逆に、サイズを小さくすると、印象が弱くなる。

サイトを媒体に伝えたい情報には強弱があるので、このサイズによる差別化を利用するとよい。

形状や色で差別化、グルーピングする

同じサイズ、規則性を保っていても、要素の形や色が違っていれば、一目で要素を差別化できる。

形状や色で差別化




特に、寒色と暖色、角張った形状と丸みのある形状など、要素の特徴が大きく異なるほど、要素を差強弱をつけて、差別化することができる。

形状が異なる要素でも、色を同じにしたりするなど、要素を構成する他の特徴を揃えることで、関連性を示すこともできる。

参考図書

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

(Visited 14 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください