スポンサーリンク

[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

開業資金における自己資金の割合は、30~50%が目安である。

資産を売却して自己資金をつくる。

動産

自動車、バイク、オーディオ機器、家具、ブランド服

商品、使用状態によって、買取価格が大きく変わる。

有価証券

株、国債、商品券

売る時期によって、価格が、大きく変動する。

不動産

土地、建物

  • まとまったお金が入る。
  • 売却に時間が掛かる。

民間金融機関から資金を調達

信用金庫などが用意している、創業者向けの融資制度を利用する。

メリット

・厳しい基準をクリアすることで、信頼度が上がる。

・融資スピードが早い。

デメリット

・融資の基準が厳しく、金利も高めである。

自治体の創業融資から資金を調達

自治体が、地域の産業振興を目的として行う融資。

窓口は、銀行や信用金庫となる。

メリット

金利が低い。

自治体によっては、利子補給制度や信用保証料補給制度がある。

デメリット

融資実行まで時間が掛かり、自己資金の要件が厳しい。

日本政策金融公庫の新創業融資から資金を調達

最も一般的な借入先。

無担保無保証で、最大3000万円までの融資が受けられる。

メリット

・起業家に積極的に融資をしている。

・無担保無保証、連帯保証人の署名が不要。

デメリット

・自治体の創業融資に比べ、金利が高めである。

家族、友人、親族から資金を調達

1年間に110万円を超える金額を貰うと贈与税が発生する。

スポンサーリンク

借りる場合は、110万円を超えても税金は、掛からない。

借用書を作成して、返済金を毎月口座に振り込むなど、返済実績を確認できるようにして、脱税を疑われないようにする。

 

【参考書籍】

知識ゼロからはじめる起業の本 ソシム

 

 

[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す