Photoshop CCの画像を書き出す2通りの方法

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

 

Photoshop から、画像を切り出す方法には、2つの方法がある。

スライス作業は、ほとんどの場合、複数回にわけて行う。

Photoshop CCの画像を書き出す2通りの方法
1.スライス機能を使った書き出し。

2.画像アセット機能を使った自動書き出し。

 

Photoshopスライスツール 

1枚の画像を任意の大きさに分割するツール。

1.ツールバーの切り抜きツールに隠れているスライスツールを選択。

2.画像を選択

スライスすると、スライスライン(青や茶色の線)が表示される。

  • 茶色の線
    現在選択中。
  • スライスした画像
    左上に番号が自動に割り当てられ、表示される。
  • 自動的にできたスライス部分
    左上角に灰色のラベルが表示される。
  • ユーザー定義スライス
    自分で指定したスライス。

微妙にずれたスライスを修正する。

1.スライス選択ツールスライス選択ツールで画像の内側をダブルクリックする。

2.スライスオプションダイアログが表示される。

スライスのサイズを数値指定する。

高さ、幅、位置を任意に指定する。

 

「画像アセット機能を使った自動書き出し」を使うメリット。

  • マルチデバイス Web デザインで役立つ。
  • スライス作業から解放される。
PSD ファイルのレイヤーまたはレイヤーグループ

JPEG、PNG または GIF 画像アセット サポートされている画像形式の拡張子をレイヤー名またはレイヤーグループ名に追加すると、アセットが自動的に生成されます。

※ 生成される画像アセットの画質およびサイズパラメーターを指定することもできまる。

 

 

1.[ファイル]→[生成]→[画像アセット]を選択。

2.画像アセットを生成するレイヤーまたはレイヤーグループの名前に適切なファイル形式の拡張子(.jpg、png または .gif)を追加する。

レイヤーまたはレイヤーグループからの画像アセットの生成

※ 特殊文字の : および * はレイヤー名には使用できない。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です