[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

 

色相と色の三属性

色相

赤、青、緑など、いわゆる色味の違いをいう。

色相にどのような種類があるのか、その全体像を把握したい場合、「色相環」が便利である。

色相環
色相環

色の組み合わせを考える際、隣り合う類似色を用いるなど、色相環を利用することができる。

色を決定づける属性には、色相のほか、彩度明度がある。

純色

特定の色相の最も鮮やかな色。

彩度




彩度

純色を基準にグレーを混合させて鮮やかさを段階的に落とした色の変化。

明度

明度

純色に、白と黒を混合させて、明るさを変化させたものが、明度である。

 

ある色がどのような特徴を持っているかは、色相、彩度、明度の三属性で決まる。

彩度と明度で「トーン」を作る

彩度と明度の変化を揃えた色の集合は、「トーン」と呼ばれる。

トーン

彩度・明度を下げた重厚なトーン




明度と彩度を共に下げると、重厚なイメージのカラーグループとなる。

ダルトーン、ダークトーン

「ダルトーン」「ダークトーン」などと呼ばれる。

見る人に落ち着いた印象を与えることができる。

明度を上げた柔らかいトーン

ペールトーンとソフトトーン

明度を上げた色は、柔らかく優しいイメージになり、「ペールトーン」「ソフトトーン」などと呼ばれる。

彩度を共に上げると、

爽やかな印象になる。

彩度を下げて、明度だけ上げると、




柔らかさの中に落ち着いた印象となる。

彩度を上げたビビッドなトーン

彩度を上げて純色に近い色の集合は、「ビビッドトーン」と呼ばれ、元気で若々しいイメージを作り出すことができる。

ビビッドトーン

<参考書籍>

Webデザインとコーディングのきほんのきほん

(Visited 1 times, 1 visits today)
[`yahoo` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください